トップページ » 窯元紹介 » 桜島焼・銀彩について

桜島焼・銀彩について

「桜島焼」は桜島の火山灰と温泉水を利用した、桜島でしか作ることのできない桜岳陶芸独自の焼き物です。

銀彩花器桜島焼の特徴の一つとして、「渋い輝きを放つ色彩」があげられます。
鉄分の多い鉱物含有資源を活用し、1300度の高温で焼しめる桜島焼です。すると、他に二つとない光沢のある銀色が炉の中から姿を現わすのです。
私たちはこの輝きを「銀彩(ぎんさい)」と呼んでいます。

桜島焼は一品一品手作りで制作しています。
手作りですの一度に大量の焼き物を作ることはできません。
なにより、同じ窯で焼き上げたとしても、同じ模様の焼きあがり(銀彩)になることは決してありません。
一品一品手作りで制作しています
不思議なことにそれぞれの焼き物がそれぞれの銀彩を輝かせ、それぞれの個性を主張してくれます。製作者でさえ、個々の出来上がりのイメージを正確に的中させることは難しいのです。

正に炉の中の炎の舞が生み出した芸術作品。
二つと同じ物が存在しない、オンリーワンの作品が生まれるのです。

渋さの中に自然のエネルギーをしのばせる銀彩は、器を使えば使うほどしだいに表情を変えてゆくと言われます。
また、桜島焼の器に焼酎やお茶を入れておくと、鉄分を多く含む陶質ゆえに鉄イオンが飲み物の味をソフトにし、味わい深くしてくれます。
これらの独特な個性に魅かれた方々に、桜島焼は励まされ発展してきました。今では桜島焼のファンは全国に、さらに海外にもいらっしゃいほどになりました。

釉薬をかける作業一つ書き添えておきますが、全ての桜島焼の陶器が「銀彩」として焼かれるわけではありません。
桜島焼では、「釉薬(ゆうやく):器の表面にかける上薬」を常に研究しています。さまざまな自然原料を使い、自然の生み出す色彩を、私たち自身も楽しんでいるのです。

桜島焼は単に観賞用の器としての楽しみ方だけでなく、実際に生活の中で役立つことを願っています。
使われることによって器の個性がより引き出され、何気なしに味わい深さが増すことでしょう。

ぜひ、桜島焼を、見て、触って、使って、楽しんでみてください。

銀彩明かりとり銀彩湯呑銀彩お茶碗&湯呑銀彩芋千代香セット

 

窯元紹介   ■薩摩焼について   ■会社概要

 

このページのトップへ